読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は死ぬように生きていたくはない

自分のこと。音楽のこと。保育のこと。タスク管理のことetc.

自分の価値観はダメだと思う。

価値観の違いを認める。

それってすごく難しい。

これは良い。

これはダメ。

どうしても自分の価値観で判断してしまう。

そのくせ、自分に貼られている勝手な価値観によるレッテルに
腹を立てている時がある。

○か✕。白か黒。

二者択一だけの自分の価値観というか感性にうんざりする。

自分の価値観がいちばんダメな気がする。

のんびりしてるなう。

喫茶店でのんびりしてる。

身の回りの整理をしたので、気持ちスッキリ。

最初にしたのはカバンの中の整理。

多忙のなってくるとカバンの中が乱雑なってくる。
自分の頭の中とカバンの中身はかなりシンクロ率は高い。

次は手帳の整理。

メモ程度しか書いてなかったジブン手帳を細かく埋める。
それを基に日記も書き足していく。


最後は資料の整理。
いらない資料が溜まっていく。
必要な書類はスマホで撮ってデジタル化。
なるべく書類は最小限に。

あぁ、スッキリ。

あとは家に帰ってお酒でも飲んで寝よう。

詰め込み式の生活を脱したい。

なんだかかなり忙しい。

心を亡くすと書いて、忙しい。

その通りのような日々が続いている。
それでも、日々なんとか前に進めている実感がある。
それがあるからなんとかやっていけている感じ。

あれも、これも、それも。
やらなければならないことが山積みで、
詰め込みの式の毎日。

ちょっと前までは考えられないような忙しさ。

このままじゃ、ゆとりのある生活が送れる日なんてしばらく訪れなさそう。

このままじゃダメだ。

ゆとりを詰め込まないと。

そうだ。帰りに美味しい珈琲を飲みに行こう。

何も考えないような時間をつくらないと。

そのためにも明日は早く帰ってやる。

もっと自分を大事にしないと。

心は誰にも変えられない。

誰かに自分の心を変えてもらいたい。

何処かでそんなことを願っている。
でもそれは、到底無理な話。
それも分かっていながらも。
願ってしまう。

自分の心を変えられるのは自分しかいない。
そんな当たり前のことを受け入れられない自分。

環境なんてどうにでもなる。変えようとするのかどうかは自分の心次第。
叱られても失敗しても、傷つくかどうかは結局自分で決めるしかない。
分かっていても上手く行かない。

自分を変えるのってやっぱり難しい。

自分の感情がよくわからない。

最近、手帳にライフログだけじゃなく、いわゆる日記を書くことを始めた。

これがすごく難しい。

その日に起きたことや食べたこと、見たことといった客観的なことは簡単に書けるのだけれど、その際に感じたこと考えたことを文字にしようとすると、全然上手く言葉にならない。
なんとなくそこにあるの感じなのに、はっきりとは見えない。

まるで、雲を掴んでいるような感じ。

こんなにも自分の感情が分からないものなのかとびっくりする。
でも、きっとこのあたりに自分が変わるきっかけというかカギになるものがある気がする。

自分の感情を素直に表現できるようになりたい。

書かないと何も考えないし、つまらない。

そうツイートして、ブログを意識的に更新しない日が数日が経過した。

それまではブログを始めてから約半年、いい加減ながら毎日を更新していた。
それをいきなり更新しないとなると、自分の中で妙な引け目を感じていることに気付く。

そして、ブログの記事を書かないと、何も考えずに一日が過ぎていくような気がしてならなくなった。

書きたい時に書くというのは、自分のように自分に甘甘な人間にはダメらしい。
それがよく分かった。

書く日はきっちりと決めないとダメだと思う。
(そう決めてもできない日があったし)

そういうことで、やっぱり定期的にブログを更新していきたい。

できれば毎日更新していきたい。

それが自分のためになるらしい。

今回、一時的に更新をやめてみてそのことを学びました。

と、言うわけで、
ブログを見に来てくださっている方々。

これからまたよろしくお願いします。

一つひとつ。一歩一歩。

劇的に変わるなんて無理。

少なくとも自分には。

一つひとつ。一歩一歩。

変えられることから変えていこう。

自分はのろまなカメでいい。競争するウサギがいなくてもいい。

進む道も、目指すゴールも。自分で決めていく。

一つひとつ。一歩一歩。

自分の力で進んでいく。

変えていく。