読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は死ぬように生きていたくはない

自分のこと。音楽のこと。保育のこと。タスク管理のことetc.

就活家族を観て、ゆれ動く余裕のある自分は幸せなのかもしれない。

観たものについて 自分について 日々について

就活家族というドラマをなんの気なしに観ていた。

職を失うことってやっぱり大変なんだなと思った。

今の自分には勤め先があって、給料もちゃんと保証されている。
それはやっぱり幸せなのかもしれない。

そう思った。

ちょっと前までは仕事を辞めることを漠然と考えていた。
保育士を辞めて。。。どうするか。
全然展望がないけれど、
保育士を辞めてもいいかなと考えていた。

損得で生きるべきなのか。
やりたいことをやるべきなのか。

ぼんやりとゆれている。自分。(そもそも、やりたいことなんてものは無いのだけれど)

ゆれているうちは、動いているような気がするからそれなりの充実があるもので。

実際は全然前に進んでいないのだけれど。

就活家族の家族は、自分のようにゆれる余裕すらない状況。
やっぱりそれは大変だと思う。

仕事を辞めたい。
やっぱり辞めない。

そんなふうに、ゆれていられるヒマがある自分は、やっぱりそこそこに幸せなのかもしれない。

だったら、

もう少しゆれていたい。
もう少し前に進むフリをしていたい。

そんなことを思ってしまう自分がいた。