読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は死ぬように生きていたくはない

自分のこと。音楽のこと。保育のこと。タスク管理のことetc.

浴室にはイスは絶対必要だと思う。という話。

どうでもいいかもしれないけれど、

浴室にイスがなくてもいい人間と
浴室にイスを必要とする人間。
人間を大きく分けて、この2つに分けるのであるならば、

自分は絶対に後者。

浴室には絶対にイスは必要だと思う。
立ったまま身体を洗ったり、シャワーを浴びるのは、どうしても落ち着かない。
心身ともにリフレッシュできる気がしない。
座る場所のないユニットバスのホテルは正直無理。
浴室でシャワーを立って浴びる人は日本人じゃないとすら思う。

浴室には絶対にイスは必要だと思う。

だから、大衆浴場に行くとすごく安心する。
浴室には桶とイス。これは絶対に必需品。
だって日本人なんだから。

ちなみに自分が愛用しているのは、無印良品の浴室用のイス。

ポリプロピレン風呂いす 約30.5×22.5×高さ23cm | 無印良品ネットストア

高さが23センチと低すぎず高すぎずちょうどいい。
これ以上高いと足元の安定感が悪くなるし、
逆に低いと腰が痛くなる。
色々試したけれど、無印のこのイスが自分の体型にしっくりきている。

浴室は、心も身体もリフレッシュする場所。
そこで使うものだからこそ、自分に合った物を使うべきだという信念がある。
そのためにはイスは欠かせない。
ちなみに今使っているイスは3代(台)目。


何度も言うけれど、浴室にはイスは必要だと思う。

ただそれだけの話。