僕は死ぬように生きていたくはない

自分のこと。音楽のこと。保育のこと。タスク管理のことetc.

買ってよかた物【Bluetoothスピーカー】

最近Bluetoothスピーカーを買いました。

これ、とっても便利。

まず、サイズがいい感じ。どこにでもサッと持ち運べる大きさと重さ。

音もわりといい感じ。低音が響きすぎないからうるさくないのが個人的に気に入ってます。

 

防水なのもGOOD。

車の中やお風呂、キッチンとどこでもいつでも音楽やラジオ(Radikoプレミアム)が聴ける。

なんでもっと早く買わなかったんだろうって後悔してるほど。

 

難点を強いて言えば、iPhone(自分はiPhone6)接続すると、音量調節が細かくできず、ちょっとの音量でも音がすごく大きくなってしまうこと。

 

これは夜に子ども達が寝てる時にはちょっと困る。

ちなみにAndroidHUAWEI P20 lite)は細かく音量調節ができるんですけどね。

 

 

 

 

継続は力なりっていうけれど。。。

継続すること、そのものにもかなり力は要するもので。

 

スマホのアプリを使って毎日できたかチェックをつけはじめました。


f:id:aob212:20180627205420j:image

 

チェックをつけて一週間もたっていないけど、この結果。。。

 

自分にがっかりです。

 

継続を力にする力が今の自分には無いようです。

 

今日こそはリビングじゃなくて、寝室の布団で寝たい。

 

まずはそこから。

 

このままではダメ人間になりそう。

決意表明を込めてブログを打ってます。

 

よし、頑張ろう。

個人的 HUAWEI P20lite レビュー。はじめての海外製Android

スマホを新しくしました。

 

発売に合わせて、UQモバイルで機種変更をして手に入れました。

 

それまで使っていたのがこれ

 

FARM06102 [arrows M03 黒]
 

 iPhone以外で海外製のスマホは初めて。

初めてのHUAWEI製。

 

はっきりいってかなり良いです。

M03も悪くはなかったのですが、使っていくうちに動きがモサモサし始めてきました。

それと16GBという容量の少なさはネックでした。

 

P20liteはさすがオクタコア。メモリも4GBなのでサクサク動きます。

アプリの立ち上がりや切り替えがスムーズでモヤっとすることがほとんどないです。

 

カメラの性能等の表立った性能については他のサイトにお任せしますので、今回は個人的に2日ほど使ってみた感想をつらつら書いていきます。

 

まず、顔認証は超便利。

さすがにマスクをしていると認識してくれませんが、一度自分の顔を認識させておけば、多少薄暗い所ででも一発でロックを解除してくれます。これは便利。ストレスレスです。

逆に指紋認証はイマイチでした。

これは自分の指が悪いんだと思います。仕事柄(保育業務なのですが)手洗いをする機会が多いため、常に手荒れがひどいのです。そのため今も指先の皮が剥けている状態なので、認証させるのも一苦労でした。その結果、指紋を使ってのアンロックはほとんど失敗に終わっています。残念。

背面に指紋認証するところがあるのはなかなか面白いし、ちゃんと認識されるキレイな指紋の持ち主の方であれば使えると思います。

 

次に、画面の大きさと本体のサイズ感がとてもいい感じです。

P20liteのサイズ(iPhone8とほぼ同じ)5インチのM03と重ねて見たのですが、ほぼ同じサイズ。なのに画面サイズは5.8インチ。画面の大きさ感が半端ないです。

解像度も高いので、画面上の情報量がとても多くて、一覧性がいいのか悪いのか(笑)

中でもKindleで書籍を読む時やこういうブログの記事を打つ時は画面の大きさと解像度の高さの恩恵を感じてます。

そして、サイズ感が良いというのは持っていって大きさを感じなんですよね。

手のかなり小さい(ピアノを弾こうとすると1オクターブ届かないぐらいの小ささ)の自分でもすんなり持てる大きさと重さです。

これは、2日使っていちばんいいなと思ったところかもしれないです。スマホは毎日かなりの時間手にしているので、数値的なサイズや重さよりもしっくりくるかどうかというのはとても大事だと思うので。

 

基本、今持っているM03とその前に使っていたiPhone6(今SIMなしでウォークマン的に使ってます)との比較なので、良いところしかないです。

 

と、書こうと思っていたのですが、モヤっとしたことが一つありました。

Bluetoothがわりと頻繁に切れます。

この記事、以前から使っているELECOMのワイヤレスキーボードをP20liteに接続してはてなブログのアプリを使って書いています。ですが、書いてる途中何度か接続が切れました。

切れる度に記事投稿画面がなくなって記事一覧に戻るので、内容が消えたんじゃないかとヒヤッとしています(バックアップはされているので大丈夫でしたが)

M03の時は同じ環境で切れることはほとんどなかったです。

これはもしかしたらこれからネックになるかもしれません。

キーボートの相性もあるのでなんとも言えませんが。。。

 

ちなみに、カメラはM03とは比べ物にならないくらい良いです。

使用感はiPhone6に近いです。サクサク撮れます。

さすが最近流行りのダブルレンズ。被写体のバックを自然にぼかしてくれる機能はインスタ映写真には使えそうです。

 

値段もそれほど高く無いと思います。

SIMフリーで3万2000円ぐらいのようですし。

 

個人的にはいい買い物だったと思っています。

以上、個人的なレビューでした!

 

 

物との思い出話。マスターピースのリュックと3.11。

断捨離の一環で始めたメルカリ。

手元にある物を減らすためのはずだったのに、ついついメルカリで物を増やしてしまってます。

そんなメルカリでマスターピースのリュックを買ったらふと思い出した話。

今回買ったリュックと同じ型の物を7年ぐらい前に愛用してたんです。
とても背負い心地が良く、見た目も細身でスタイリッシュで通勤はもちろんプライベートでも良く使っていました。

7年ぐらい前。。。そう、


2011年3月11日。
東日本大震災


震災の時にこれと同じ型のマスターピースのリュックを使ってたんです。

震災当時、宮城県に住んでいました。

幸い自宅のアパートは倒壊は免れたのの、ライフラインは完全にストップ。
食料もなかなか手に入らず、一週間近く避難所に通っていました。
その時、このリュックに本当に助けられました。

いつ余震が来て、いつどうなるか分からない状態。
リュックにあれもこれもたくさん詰め込んで、まさに肌身離さず常に背負って行動していました。
財布やケータイ、着替えはもちろん、

避難所に行ってもらったおにぎりに乾パン。

家に辛うじてあったお菓子にコンビニで買ったぬるいコーラ。
(当時は水やスポーツ飲料がいち早く売れてコーラやサイダー等の炭酸飲料だけしか買えなかった)
持てる物、リュックに入る物は何でも入れていました。

このリュックを背負って職場から自宅までをヒッチハイクもしました。3日間ぐらい。

そんな中には、わざわざ遠回りしてまでして自分の職場の近くまで乗せてせてくれたトラックの運転手のおじさんもいました。
(誰もがガソリンが手に入らなくて困っていた時なのにも関わらず!!)
そのおじさんは、乗せてくれたお礼にと渡した菓子パンを、
「俺は昔、地震の揺れでトラックが脱輪した事があって、通りすがりの人達に助けられたことがあったんだ。あんたを乗せたのはその時の恩返しと思って乗せただけだからお礼はいらないよ。がんばんなね。」
と言って頑として受け取ってくれませんでした。

またある時には、職場からの帰り、トイレを借りようと(その地域は水道が復旧していたので)立ち寄った居酒屋でのこと。
快くトイレを貸してくれた店主のおじさんが、
食べさせる物はないけれど、料理ならできるぞといって、自分のリュックに入っていた即席ラーメンを調理してごちそうしてくれました。

スープと麺。それに乾燥わけぎを入った即席ラーメン。

今まで食べたどんなラーメンより美味しくて、泣きながら食べたのを憶えています。

色々な荷物と様々な思いをたくさん詰め込んだリュックは無理をしたせいで、震災の後、一年もしないで壊れてしまいました。


それ以来、すっかり忘れていたマスターピースのリュック。
それと同じ型が出品されていたのを見つけたんです。
その瞬間、取引ボタンをタップしていました。


約7年ぶりに使うリュックは相変わらず素敵な背負い心地です。
重い荷物をたくさん入れても重さを感じません。

このリュックを背負う度に、思い出すのは震災の辛かったり悲しかった思い出より、

あの時、助けてくれた優しい人との心あたたまる思い出なんですよね。

また、このマスターピースのリュックと素敵な経験を共にできたらいいなと思います。

また、マスターピースのこのリュックに出会えて良かった。


f:id:aob212:20180609190912j:plain
※ちなみにこのリュックと同じ型はもう生産されていないようです。

スタバで考えるあれこれ。アドラー心理学や家族のことや仕事のこと。

スタバでのんびり過ごす朝。

頭の中はあれこれ考えが巡る。

最近、改めてアドラー心理学の本を読みかえした。

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

とても、心に刺さった。

自立ってなんだろう。
二人で成し遂げる愛ってなんだろう。
私達の幸せって。

とりあえず、この本を読んで、自分は自立できてないと思った。

誰かに認められたいと思って生きてるから。
誰かの価値観の中で生きているから。
兄弟と違う生き方で自分の価値を認めてもらおうとしている。
周囲の意見に流されている。
弱い自分。その自分を受け入れられない自分。
今の仕事を辞めたいというのも、単なる自己からの逃避くるものなんだと思う。

夫婦や家族のバランスが崩れてきたのも多分、自分に原因がある。
いろんなことから目を背け、逃げてきたツケだ。きっと。

あれこれ考えてもらちがあかないのは分かっている。
行動に移さないとけない。それも分かっている。
分かっていることに気付かないフリをし続けようとする自分がいちばんよく分からない。

スタバのコーヒーはいつだって苦いけれど、
今朝のコーヒーはいつも以上に苦く感じる。

苦すぎて胃が痛くなってくる。

思った以上に無地のノートが使いやすくてびっくりした話。

持ち歩くノート(サイズはB6)を無地の物に変えてみたんです。

その前は7mm罫線。

その前は5mm方眼。

ちょっとだけ5mmドットにも手を出してみました。

どれもこれもしっくりこなかったんです。

そんななか、こんな記事を読みました。

映画から見る、詩人が「無地ノート」を使う理由 | リセマム

なるほど。無地ノートか!

そんなわけで無地のノートを使ってみることにしたんです。

使ってみて一週間ほどたつんですけど、
これがすごくいんです。

なんでも書ける。
自由に書ける。

もちろんの今までのノートにも自由に書いてるつもりでした。

でも、それまでの自由とはわけが違うんです。

無地ノートに自由に書くようになって、今までは無意識にも線や点にとらわれていたんだったということがわかりました。

どこに書いてもいい自由。
どんなに大きく書いてもいい自由。

それを実感してからは、ノートの使い方が変わりました。

今までのつらつらと箇条書きをするバレットジャーナル的な感じから、
思ったことを縦横無尽に綴るようになり、マインドマップ的な感じな使い方になってきました。

これがまた思考の整理にはいいんです。

重要なところは文字を大きくしたり、罫線を引いたり。
繋がる部分を線で結んだり。
そんなふうにしていくと、ビジュアル的にも見やすくなるので、見返した時もパッと内容を把握しやすくなりました。

たかが無地。されど無地。

個人的には目からウロコの発見でした。

無印良品 | 再生紙ダブルリングノート・無地B6・ダークグレー・80枚 通販
無印のノートは安価なわりに目に優しい薄クリーム色だし、万年筆でも裏写りがほとんどないのでおすすめ。

5月25日に行ったthe pillowsのライブが最高に良かった。

タイトル通りなんですけど、
すごく良かったので勢いでブログをアップしようとしています。

the pillowsというロックバンドが好きなんです。

住む場所からいちばん近い仙台でライブがある時は、ほぼ必ず参戦してます。

今回のライブは結成30周年に向けての企画もので、
1999年にリリースしたアルバムを全曲演奏するライブだったんです。

約19年前。それは自分がピロウズを知って好きになった頃なんです。

きっかけは、当時住んでいた場所のローカルFMでマンスリーレコメンドとしてピックアップしていたインスタントミュージックという曲。

そこからアルバムを買って、好きになって、過去の作品を買い漁って、更に好きになって・・・今でも大好きで。

新譜がリリースされたら必ず買っている唯一のアーティストがピロウズなんです。

そんなピロウズの19年前の作品を2018年になって生で聴けるなんて夢にも思っていませんでした。

そのライブがもう、もう、本当に最高でした。

19年前の作品なのにどうしてこんなにカッコイイんだろうって。

ただ、カッコイイだけじゃなくて、その曲一つひとつから当時の記憶が蘇ってきて、胸がいっぱいでした。

胸がいっぱい過ぎて、涙が出ました。

あの頃、ピロウズの音楽に励まされ、勇気づけられた者からしたら、本当に夢のようなライブでした。

『あの頃、悩み苦しんだことは無駄じゃなかったんだよ。』

『あの頃があったから今があるんだよ。』

そう言ってもらえたような気がしてさらに勇気づけられました。

そして、ピロウズのメンバー達自身が、

『今までやってきたことは間違ってなかったんだ。』

と、堂々と胸をはって19年前の曲を演奏する姿が最高にロックでした!

本当にバスターズ(ピロウズファンをそう言うんです。)で良かった。

アーウェイ!

HAPPY BIVOUAC

HAPPY BIVOUAC

RUNNERS HIGH

RUNNERS HIGH

the pillows official web site