読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は死ぬように生きていたくはない

自分のこと。音楽のこと。保育のこと。タスク管理のことetc.

職場の先輩の話。

昔、職場の先輩にミーティングか何かの時に、
“保育の技術はある程度経験を重ねれば身についてくるものよ。だからそんなに勉強しなくてもいいから。”
という話をされたことがある。
どういう意味で言ったのかわからないけれど、
当時の自分は、到底納得できなかった。

今も、これっぽちも納得なんかしていない。

保育経験を積めば保育の技術が身につくのなら、
なぜあなたは、そんなに大きな声で子どもを叱りつけてばかりいるのか。
なぜあなたの見習おうとする後輩がいないのか。

経験でしか見につかないことも確かにあると思う。
でも、それだけでどうにかなるのなら、保育士の資格なんてなくてもいいと思う。

何のための国家資格なのか。

保育士のプロとして、経験だけに偏ってはダメだと思う。
それでは成長がなくなってしまう。
経験と共に技術を学び、磨いていかなければ保育のプロとは言えないと思う。
経験だけに頼るのはプロなんかじゃない。

いつまでも昨日と同じ保育をし続けるその職場の上司。
その人のことは、今も尊敬できないし、
できれば一緒に保育はしたくないと思ってしまう。